手相?手品ぁー?
 店主です。
テキスト量だけだったら新橋の飲み屋で1番(かもしれない)、FIVE-EIGHTHでございます。

お店がヒマな時に心配していろいろ言って下さる方がいるんですが、年配のお客様がよくおっしゃるのが「カラオケ入れたらいいじゃん」。カラオケねえ、あまり好きじゃないんですよねえ。根がおしゃべりなものでしゃべる時間が減っちゃうし、ってそれはこちらの都合ですけど。
あと面白いのが「占いやったら?」とか「手品やれば?」とかって。本気なんでしょうか?しまいには「絶対向いてる」って。
手品はまあ器用な人が向いてるだろうな、っていう気もするんで向き不向きってありそうな気はしますが。確かに手品バーみたいなのってありますけど、あれも大変らしいですよ。いくつか手品覚えて手品バーなんて言っちゃうと、何度もいらっしゃるお客さんが「ああ、それ見た、別のやってくれい」なんて言われちゃったりして。手品師じゃないんだから、手品ばっかり練習していられないでしょうし。
じゃあ、占いって向き不向きあるんでしょうか。どんな人が占いに向いてるんでしょう。嘘つくの上手な人?なんて言ったら占いやってる方に叱られるか。でも、もし悪い運勢が出てたりしたら言葉の限りぼやかして相手に伝えるんじゃないでしょうかねえ。嘘つきっぽい要素は必要な気もする。
しかし、占いって少なくとも本人が占い好きじゃないと向いているとは言えないんじゃないですかねえ。自分は好きも嫌いもなく、占ってもらったことも無いんですけどね。

占いねえ、とりあえずブックオフで本くらい買ってみるか。って嘘だけど。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.5-8th.com/trackback/97
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.