占いに関して、および開店1周年の件
店主です。
アイドル達に刺激されてもっと頻繁にブログ更新しなきゃなあ、なんて思いつつあっという間に1週間たってしまいました。いい大人が「今からお風呂入って寝るよ」なんて書くわけにもいかないわけですが、それにしたってもうちょtっと頑張りたいところです。

で、今日は占いのお話。
けっこう占いの話される方いらっしゃるんですよねー。この間どこかで占ってもらってきた、とか今度どこそこで占いしてもらってくる、なんておっしゃる方が。以前にも書いた気もするんですが自分はそちら方面さっぱり興味が無いんで、へえ、そんなんだ、位の感想しか出てこないんですけど。占いって言ってもいろいろやり方というか占い方というか種類があるんでしょうけど、どうも仕組み的に意味わからないんで、いまひとつ納得いかないという。店から帰る時に銀座を通るんですけど、銀座の母っていう方がいらっしゃるらしく結構有名なんでしょうか、入り口の前で占ってもらいたい(らしき)人が並んでたりします。電車が走り出す前の早朝ですからねえ、熱心な事です。
あとお客さんに聞いたんですけど、新宿の百人町の方に「さかなちゃん」っていう方がいるそうで。韓国料理屋さんが占いもしているという。こういう方っていうのはあれですかね?占いのお勉強しないでも何となく生まれつき人の運命がみえちゃうとかそういうことなんですかね。それとも占いのお勉強しつつ韓国料理屋さん始めちゃったんですかね。よくわからないんですが、とりあえず歯に衣着させぬ占いで評判なんだそうですよ。
しかし占いが有りか無しかって話の時によく自分は信じるとか自分は信じないとかって言い方しますけど信じるとか信じないとか言っている時点で科学的態度じゃないですよね、少なくとも。当たるとか当たらないとかは別として。だって信じる信じないってUFOとか宇宙人とかお化けとかそういう時によく使う言葉じゃないですか。まあ、飛行機みたいに重いモノが空を飛ぶなんて信じられないとかって言う人もいますけどね。非科学的発言ではあるんでしょうけど、心情的に理解出来なくも無いです。それに占いが科学的じゃないって言ったってそれは現代の科学っていう意味であって、まだ発見されていない科学的事実があれば占いのメカニズムも科学的に解明されるっていう可能性も無いわけじゃないですからね。自分的には信じてないわけですけど、最終的にはこういう事は個人の勝手なんで占ってもらいたい人は占ってもらえばいいし、ちょっとなあ、って人は占ってもらう必要ないしという立場ですけどね。
で因みに、あんなもんはインチキだぁーって詳しく説明してくれているサイトがこちら。そうなんだろうなあ、とは思いますけど、占いが好きな人にこれ読んでもらったってしょうがないですよね。嫌いにならないでしょ。占いが嫌いな人はこれ読んでそうだ、そうだーってなるんでしょうけど。自分的にはこれらの手口というかスキルには非常に興味ありますけどね。この文章の中に出てくる究極の血液型心理検査は面白かったですよ。やってみて下さい。

そうそう以前のブログに書きましたが来週は1周年記念キャンペーンやります。
いつも来てくれる方も、たまにいらっしゃる方も、一度もいらした事無い方も、是非皆様お誘いあわせの上お越し下さい。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.5-8th.com/trackback/149
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.