連休はお芝居を観てきました
 店主です。
3連休明けの火曜日、皆様お仕事お疲れ様です。
休み中は外がちょっと位暑くなったってそんなに気にならないですけど、仕事の日はそこまでは暑くならなくてもいいよ、って思ってしまうのは我儘なんでしょうか。
連休中、天気が良かったせいか、今日は肌が真っ赤に日焼けしている人を多数見かけました。夏っぽくていいですねえ。
因みに自分はといえば、店は2連休、ブログは4連休(先週の金曜はバタバタしてて書きそびれた故)、って感じでした。
で、日曜日には池袋に野田秀樹さんの「ザ・キャラクター」というお芝居観てきました。
いつ以来かも思い出せない程久しぶりの池袋でしたが、若い人が多いっていうのは渋谷と変わらない気がしたんですが、より無国籍な感じですね。国際的というか。印象ですけど。

野田さんのお芝居って渋谷のコクーンでやることが多かったんですが、自身が池袋の東京芸術劇場の芸術監督になったからか、今回は池袋で。コクーンの時は当日券なんてほとんど出てなかったと思うんですが、芸劇では毎日当日券があるようであり難いですね。ふと思い立ったら観に行けるし、一回観た後に、もう一度観たいって思ったら行けるし。なんで当日券あるんだろ。客整数は確かにコクーンより100席位多いみたいなんですけど、そのせいなのか、チケットの売り方を変えたのか、それとも渋谷なら行くけど池袋なら行かないって人が結構いるのか。いずれにせよ池袋でも観に行く自分としては、チケットが入手し易いのはいい事ですけど。

で、お芝居ですが期待に違わず面白かったですよー(一応言っておきますが笑えるという意味ではないよ)。野田さんの戯曲って大体いくつかの世界観がパラレルに登場してきてそれらを縦横無尽に行き来するという特徴があるんですが、役者さんの演技だけでその世界観がパッと切り替わっていく時の空気が好きで。あれはライブならではの面白さで映像の世界では無い表現だと思うんだけど。そしてそのそれぞれの世界観の中で別々に話が進んでいくんですが、話が進んでいくにつれて、それぞれのお話がドンドン繋がってきて、最後にはそれら別々のお話が一つに収れんしていくという。その頃には自分はもう鳥肌立つくらいの感じで「おーおもしれーおもしれー」って心の中で言ってる訳です。
今回はその世界観の一つがギリシャ神話で、それとは別に日本で起きたある事件の話がモチーフとなったストーリーが絡むといった作りでした。万が一、これから観に行かれる予定の方がいるといけないんで、なんの事件か、とかは言わない事にしておきますけど。
でも繰り返しになりますが面白かったですよ。自分が普段ちらっと感じてる事が表現されているという感じもあったし。
もし興味持たれた方は、観て損はしないはずなので是非足を運んでみて下さい。

で、話は急に今日は暑いってトコロまで戻るんですが、今日は店内が中々冷えないです。客席側は大丈夫なんだけど、カウンターの内側が冷えない。何かの結界でもあるんじゃないか、っていう位。
というわけで、結界破りが出来るお客様、大歓迎の本日でございます。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.5-8th.com/trackback/123
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.