感動したがり症候群
 店主です。
しかし、感動して「ありがとう」っていう物言いには相変わらず馴染めないんですけどね。
あの日本代表がPK戦で負けた翌日のネット上で、試合後の駒野のところにバルデスがやって来て肩を抱いて何か言ってたんだけどあれって「お前が外したシュートは俺がスペインゴールにぶちこんでやる!」って言ったそうな、って言って感動してた人がたくさんいるようなんだけど、全然ソースが見つからないという・・・。で、みんなソースわかんないのに興奮しちゃってどんどん周りに拡散してっちゃって、しまいには「うそでもいい、感動したっ」なんてまだデマっぽいニュースをばら撒いてたりすると、がっくりというかなんというか。せっかく本物の人間が体張って頑張ってたもの見て感動したばかりなのに「うそでもいい」って、とにかく感動したいだけか、と。しかもその感動は本物でもうそでも一緒なのか、と。
まあ、いいですけどね。勝手に感動してて下さい。
なんだかある程度の刺激が無いと感動出来なくなっちゃってるんじゃないか、と感受性の後退みたいなのを感じちゃって怖い気もするんですけどね。
それこそ、食べ物なんかでも旨み調味料入ってないと物足りないとか、濃い味付けじゃないと物足りないとか、と同じような感じなのかな、と想像してみたりもして。

ああ、あと映画の宣伝で「全世界が泣いた」っていうのも気に入らないですねえ(なんだか最初は馴染めないって言ってたのがいつの間にか気に入らないになってますけど)。全世界は関係ねえーだろって。全世界が泣いたら、俺も泣かなきゃいけねえーのか?なーんて思っているの自分だけ?単位が大きけりゃ何でもいいって感じでああいう宣伝文句になるんでしょうかね。それにしても全世界って、あんたらが言ってる全世界ってどこからどこまでなんだ?水も安全も医療もないような国は少なくとも入ってないでしょう。映画見て泣いてる場合じゃないですからね、そういった地域の人は。
ま、そんなこというと、単に比喩的な表現で地政学的な意味での全世界って言ってるんじゃない、ってことになるんでしょうけど。
それって小さな子が「みんな持ってるから買ってくれー」って言って親におねだりしてる時の「みんな」の意味合いと同じくらいのサイズの「全世界」なんじゃないか、と思うんですけどね。しかも「みんな」も「全世界」もウソだし。

しかし、感動から全世界まで話が飛んできちゃって一体なにか言いたいかというと、本物がいいよねーって事ですね。
で、変に感動させてもらわなくたって、小さな事でも感動できる自分でいたいねーって事です。

何か無理やりな結論?そんなことないでしょ。きっと比喩的な全世界で納得頂けてるでしょ。だめ?
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.5-8th.com/trackback/111
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.